センバツ準決勝観戦記 【生観戦2011】

こんにちは、まるたです。



この記事を書き終わっていること頃には、センバツは決勝のプレーボールのコールがされているでしょうね。



ですが、昨日は準決勝を観に行ってきましたので、少しだけ”まるた”的観戦記を書こうかなと・・・

お時間がありましたら、お付き合い下さい。



実は・・・今年2回目のセンバツ観戦。

さすがに準決勝でした。内野席のチケットを求める人の長蛇の列を目にしました。



”外野っ子”まるたはやはり外野席へと向かいます。

プロ野球の時はレフト入口は18号門しか空いていないので、甲子園駅からかなり遠い感覚になるんですが、高校野球の時は手前の16号門も開いているのでちょっと楽でした♪



到着したのは、開門直後の午前9時半過ぎ。

試合開始は11時からなんですが、高校野球観戦の時はほとんどが開門から居座っていますね。



グラウンド、アルプスの応援、テレビ中継などの準備や、観客の動きを見るのも、私にとって高校野球の楽しみのひとつなんです。



とりあえず、いつものくせで・・・
f0381320_23144455.jpg

カープファンでございますので、レフトビジター席へと足を運びます。

やっぱりここが落ち着く~。

ちなみに4月12日の座る席もチェックしてきました。



しかし、この日は投球や配球をしっかり見たかったものですから、センター後方へと移動しました。
あとは友人達にライブ実況メールを送る役割を担いましたしね・・・

f0381320_23144773.jpg
f0381320_23145107.jpg



土曜日の準決勝ということでしたし、比較的暖かかったのでお客さんも結構入っておりましたね。



【第1試合・九州国際大学付属 9-2 日大三高】

この試合は初回に九国のエース・三好君の先制ツーランが全てでしたね。
思いっきり振りぬいた打球はレフトスタンドへ入りました。

日大三高の吉永君は、低めのコントロールに苦戦していたようで、度々変化球がワンバウンドになっていました。

九国のバッテリーは、三高の畔上君に対して、徹底した外角攻めを見せていました。
しかし、それでも2安打したのは拍手ものでした。

打ち合いの予想をしていましたが、やはり三好君がリズムに乗り、九国のワンサイドゲームとなりましたね。



【第2試合・東海大相模 16-2 履正社】

関西人ですが、東海大相模が好きなんですよね・・・
応援の掛け声「T・O・KAI とうかいさがみ~」がいいんですよね~。しかも、鳴り物自粛で今回のアカペラがまたいい!!

そして、試合前のナインの応援団の挨拶もここはいつも感動します。
アルプスに礼、三塁内野席にも礼をするんですよね。


さて、試合は2本の満塁ホームランが目立ちましたが、相模の好走塁と内野の守備の堅さに目が行きましたね。

2塁ランナーがファーストファールフライで3塁を陥れたり、シングルヒットでライトがゴロ打球をゆっくり処理していると迷い無く2塁に進塁して、ソツのない野球を展開していました。

また、ショート佐藤君の守備の巧さに舌を巻きました。


大差がついたところで、お客さんがぞろぞろ帰っていくのはちょっと悲しかったですが、最後まで履正社にも熱い声援を送ってきました。



まるた的高校野球の楽しみは・・・やはりテレビに映らないところを見るコトですね。


例えば・・・

○試合前の挨拶が終わると、各塁審は外野ファンスラバーまで走っていって安全をチェックする模様

○試合後の応援団の入れ替えの球場係員の段取り

○テレビカメラマンの交替


などなど・・・そんなところを見て楽しんでおります。マニアックでしょ~(笑)




そして、昨日のもうひとつの目的は・・・


昨年、ずっとプロ野球の時に買っていた売り子さんに挨拶すること。
彼女からしかビールを買わないというぐらいの頻度でしたね(笑)
f0381320_23145433.jpg
まるたがカープファンであることもよ~くご存知です。

とりあえず、今年もよろしくって感じで!

午後に会えましたし、開幕戦のビール購入を約束してきました♪



とまあ、色んな目的で昨日の準決勝は楽しんでまいりました。

さあ、今から決勝をテレビで観戦しますよ!!

[PR]
by marutaboy | 2011-04-03 12:34 | 生観戦記 | Comments(0)