幻の大役 ~球場係員・・・シーズンⅡ・8~

こんばんは、まるたです。



球場係員シリーズでございます。


開幕の思い出話をしましょうかね。

これは2年目(1997年)だったか、3年目(1998年)だったか記憶が曖昧なんですが・・・



大役が回ってくるんです。

「試合開始前にスコアボード前に集合」という指示。

3~4名のひとりに私がお呼ばれしました。



試合前にスコアボードに入る・・・

開幕戦・・・

スコアボード中央のポールには、いつもの日の丸が揚がっていない・・・



ということは・・・

「君が代」に合わせて、日の丸を揚げる係!?



この年のセ・パ合わせて6球場でしか行われない儀式の一員であるという想像をしただけで、天にも昇る気持ちでしたね。



開門してからは普通に入場ゲートでお客様を迎え入れるんですが、頭の中は国旗掲揚でいっぱいだったことを覚えています。



お客さんの波が落ち着くたびに、「君が代」をぼそぼそと歌いながら揚げるペースをシミュレーションしていました。



でもね・・・雲行きが怪しかったんですよね~。

途中から小雨がパラつき始めていましたしね・・・



それでも、テンションMAXな係員。

国旗掲揚の大役を任されているんで、雨なんか全然意識しておりませんでした。



そして、かなり雨が降っておりましたが、スコアボード前に集合する時間。

いつも開門前と試合終了後だけなのに、試合前の時間にスコアボードに上がることなんてないですからね。

「プロ野球の開幕に一役買う!」みたいな気持ちで、スコアボード内に待機していました。



その間、外の様子なんてわからないんですよね。



この年の開幕で国歌斉唱するのは、スターダストレビューさんでした。はっきり覚えていますね。

彼らの「君が代」に合わせて、国旗を揚げていく予定でした・・・



しかし、一緒に待機していたリーダーの無線が宣告します。

「福井さんが来ます!(中止のこと)」



試合前中止ですから、そんなイメトレしていた国旗掲揚はなく、幻の大役となってしまいました。



代わりに、雨でずぶ濡れの球団旗やチャンピオンフラッグを下ろす役目に・・・

開幕初日に制服がずぶ濡れの始末でした。



スコアボード上で作業中、雨の中でスタレビさんが観客の為に2曲ぐらいアカペラで歌って下さったのをBGMにしたっけな~。



ちなみに翌日に延びた開幕戦での掲揚の大役は、呼ばれませんでした。トホホ・・・



開幕といえば、鮮明に残る思い出でした(笑)

あ~大役をやりたかったな・・・

[PR]
by marutaboy | 2011-03-30 22:48 | 球場係員だった私(気まぐれ更新) | Comments(0)